高麗人参の泰盛社 あきない日誌

このブログでは高麗人参産地の様子や加工法などをご紹介したり、食べ方、エピソードなどをご紹介できればと思います。

*

高麗人参 栽培は順調ですか!!2017年

   

DSC07918 DSC07919

 

 

 

 

長らく本サイトのほうでブログ更新を怠っっておりました

もともとのグーブログやフェイスブックのほうが使いやすいのでどうしてもそちらに投稿を多くしてしまします。

 

去年は高麗人参の種を長らくお待ちいただきましたこと申し訳なく思います

皆様の高麗人参苗は順調に成長しておりますか??

当社の種はすでに三年目を迎えております

都市部でのテスト栽培に向けて数種類の土で行っておりますが発育状況は写真の通りまずまずな感じでございます

 

高麗人参栽培で山間部を除き平野部では夏の暑さと湿気を皆様心配されると思います

高麗人参栽培はまず風通しの良いところは絶対条件です、風通しの悪い場所は夏場の湿気で病気にかかりやすくなり発育への影響が大きいです

DSC07920 DSC07921

 

 

 

 

写真は三年近ですが何の影響でこれだけがこれほど大きく成長したかはわかりませんが突出してますね

高麗人参によく言われる日光の加減ですがこればかりは正直僕にも正しいルクスや暑さはお答えできないのです

DSC07923 DSC07924

 

 

 

写真を見るとわかると思いますが日陰のところはなぜか発育が悪く発芽は今の時期になってやっとこ出てくる感じです高麗人参は暑さを嫌いますが日光が全くない状態ですと成長も悪いのは間違いないです

写真の日当たりの良い場所と悪い場所で顕著に出てますね。まるで作為があるかのようなくらいはっきりと成長の違いが出てます(笑)

過去のブログで何度も書いてます通り まず土づくり、風通し、気温この三つが重要な要素がありそれを自分の土地に合ったやり方方法を見つけるまでが大変です

高麗人参を作り続けていくこと、露地栽培の場合特にそうですが高麗人参は連作障害を起こしやすい作物ですので栽培地は六年から最長十二年で変えなくてはありませんから新しい土地に合う方法を長年の感でつかむ方法があるむつかしい作物であることは間違いないです。

GWが過ぎると暑さが本格化してきます、その前に梅雨時期は病気になりやすいのでしっかり管理をしてくださいね。

KIMG3387

 

 

 

 

頑張って高麗人参を作り続けていくとこれくらいの大きさの六年根ができるかもしれませんね

ただしプランターですとかなり底が深くないとできません、しかもこのクラスで高麗人参ができるとかなり大きいプランターでも数本も栽培できないのでたくさん間引いていかないといけませんね

結構、高麗人参栽培はやってみると本当に手間暇かかる高貴な植物(女性みたいな感じ??(笑)

昔亡くなった祖父が言ってましたが高麗人参屋はみんな少し変わったやつが多いと言ってましたがもしかしたら高麗人参との格闘で性格が変わりものになったのでしょうか??

僕も試験栽培の高麗人参たちを頑張って育てていきたいですね

 - 高麗人参のはなし, 高麗人参料理, 高麗人参栽培 , , , , ,